« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月11日 (木)

個展「かれー」(場所、会期の詳細)

Post_omote

前もちょくちょく書いてた個展の詳細を告知します。

「かれー」
漫画と絵とにきもの展
2010.3.1 (MON) -3.31 (WED)
蟹座オープニングパーティ 3.1(MON) 19:00〜
(ワンドリンク+フリーフード\2000,追加ドリンク¥500)

20:00より菊川裕也くんのアコースティックのミニライブあります。
http://kikukawa.hannnari.com

166-0007東京都新宿区荒木町3番
ソシアルアラキビル1F
Tel 03-6457-4557  http://yaplog.jp/bankuru/
月〜木 17時▶0時(LO 23時半)
金 18時▶2時(LO 1時半)/土日祝日定休

1日にオープニングのパーテーします。ぜひ来て下さ〜い
来て頂きたい人はたくさんなのですが直接誘うのが恐いので、
これ見た人、気が向いたら是非
moscowkuwabara4447アットマークyahoo.co.jp
までご連絡下さい。

アットマークの@です。

漫画の原画とかイラストとかです。

Post_ura

追記。(3/15現在)
3/15(月)〜22(月)まで番狂せがお休みとなります。
在廊日追ってお知らせ致します。
今のところは、3/23(火)に出没予定です。


2010年2月 4日 (木)

週刊オオハシ10

1393980273_196

週刊オオハシ10号(大橋裕之 著)、都内で販売開始したよ。

委託先
中野タコシェ、高円寺円盤、吉祥寺バサラブックス、高円寺チョコレートチワワ。

京都ガケ書房のみは今日発送いたしました。
京都キッズらは明後日頃goだすな。

んでわしゃ表紙のデザインさしてもらった。
10号なのになぜ私のイラスト?って感じだけど、ノーギャラなので好きにさせて…。というのは嘘で、まあ大橋君が「記念みたいにすんのいや」と照れくさがってそうした。
つうのもにわか嘘で、初期からそうしてるだけ?

さらに今回は裏表紙にルノアール兄弟さんがイラストをよせてくださいました。

10号は在庫切れの号を考慮して、別冊で 「週刊オオハシガイドブック」(8p)という冊子を制作、んで挟み込みました。
連載群のごく簡単なあらすじ紹介文です。 人物相関図付き。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ガイドブックより

リボン「宇宙入門」
謎の惑星「セモネ星」に拉致された地球人 タカシ、ヤヨイ、ヤマムラ船長の3人は奴隷として、セモネ星人を楽しませるためコメディアンをやることになる。
地球から遠いこの星で、日本のヒットネタを自在にパクり大スターの地位を収めたヤマムラ船長。そのあとに続き、タカシとヤヨイも次々とパクリネタを披露し見事奴隷からセモネ星のヒーローに転身する。
しかしその裏で密かに「ヤマムラのパクリ説」が出回る。
なんとセモネ星では「パクる」という行為は「死刑」に値する重罪だったのだ。

愛憎、裏切り、笑い!!が渦巻くネオSFに貴方の脳みそサティスファクション!!
サティスファクション!

リボン「ジャンプ少年ヒトシ」
おっす!オレは最強を目指す無敗のケンカ屋中学生、山岡ヒトシ。
だがこのオレが生まれて初めて路上のケンカで負けちまった!相手はプロ格闘家、その名も「火斗死」。奇しくも同じ名前のやつに!!!
打倒!火斗死に燃えてるうちに、気づいたら火斗死のおっさんにプロ格闘家にさせられちゃった!!世界最大の格闘技トーナメント「LOVEグランプリ」で憎き火斗死を倒すためにこのオレが強い奴らに立ち向かう。
グラップラー刃●?、高校●●伝タフ?
本物の格闘技まんがはジャンプ少年ヒトシだろうがぁ!!!!!

リボン「太郎は水になりたかった」
出来る事なら「水になってしまいたい」と思っている中学生、太郎。
太郎が唯一心を許せる親友ヤスシ。
そんな二人の趣味は妄想だ。
「ねえヤスシ、妄想の中だったら僕、無茶できるよ。」
「そうだぜ太郎、もうオレたちを止められるのは女子アナしかいない」
二人が織り成す、無限の青春

リボン「夏の手」
「夏はもう日本に来ないんだよ」
小学校3年生、7月、「アホ」のみっちゃんと「アホ」の僕。
二人でいるとなんだか楽しい。
そこにいじめっ子たちも加わって僕らの冒険が始まった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人的に「夏の手」が今後楽しみだ。アホな小学生がとてもかわいい。
まだ連載2回目やけど、今後はファンタジックな部分と「人」というリアリティがはっとする形で織り交ぜられてるんだな。
書籍化か単行本化してほしい。

あの「目」には宇宙、孤独、ラブ、深い情がつまってる。

| コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »